包丁

料理人から一般家庭の主婦まで!便利で頼れる出刃包丁の扱い方

頑丈な出刃包丁でも優しく使う

西洋の洋包丁に対して、和包丁は字のごとく日本スタイルの包丁です。中でも、魚のさばき易さを追求したデザインの包丁が出刃包丁です。魚を骨ごと切ることができるように刃には重量感があり、加えて厚みもあります。鋼だけ、鋼と鉄の組み合わせ、そしてステンレスで作られている種類があるので、切れ味やメンテナンス面などで好みの材質を選ぶこともできます。
また、刃のつき方も片刃と両刃があります。片刃は縦の長方形に直角三角形がのった形なので鋭さがあります。どちらの面に刃がついているかで、右利き用と左利き用も選べます。両刃は両面に刃がついているので、刃の角度は片刃よりも大きくなりますが利き手を問わず扱えます。
数ある包丁の種類の中でも頑丈に作られている特徴も出刃包丁にはありますが、だからといってメンテナンスを怠れば刃こぼれや切れ味の低下に繋がります。切れにくい状態で使っていると、刃は更にダメージを受けるので良いことがありません。包丁を研ぐことを習慣付けることで、スムーズな切れ味は持続し続けます。また、食材の構造を知ることも刃こぼれ防止になります。骨を切る場合、しっかり骨の部分を切るより、関節や繋ぎ目部分で切った方が切り易く包丁にも優しいです。包丁のメンテナンスは、美味しい料理のためにもする価値があります。

Contents

最近使用が減って来ている出刃包丁

出刃包丁は魚をさばいたりするのに主に使われているのだと思いますが、最近魚屋さん事態が減って来て、ほとんどがスーパーなどで、魚を買う時代になりましたが、魚は…

more

日本の食文化が育んだ出刃包丁

出刃包丁は家庭で使われている万能包丁とは異なり、刃が大きく重量も重めに設計されています。これは出刃包丁が主に魚をさばくことを想定して作られているためです。…

more

一家に1本は欲しいのが出刃包丁

数ある和包丁の中でも特に使い勝手が良く、自分用の包丁として1本は持っておきたいのが、室町時代に開発された出刃包丁では無いでしょうか、その形状から色んな分野…

more

頑丈な出刃包丁でも優しく使う

西洋の洋包丁に対して、和包丁は字のごとく日本スタイルの包丁です。中でも、魚のさばき易さを追求したデザインの包丁が出刃包丁です。魚を骨ごと切ることができるよ…

more
このページのトップへ